10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

キーフックをセミオーダー

2013/11/22
今日はこちらをご紹介



「キーフック」です!

キーフック

こちら、はーとぼっくす工房さんに
セミオーダーで作ってもらったものです。

もともとの基本形は、
こちらなんですが↓



これだとちょっとカントリーっぽくなっちゃうし
「KEY」の文字が縦に長すぎかなー
フックも3つじゃ足りないし・・・

で、商品ページをよく見ると、
「サイズ・色などの変更・アレンジもお受けしています」
とあったので、問い合わせてみたらOKとのこと。
それでこちらにお願いすることにしました。

基本のデザインをもとに、
 ・プレートのサイズはそのまま
 ・文字のサイズは高さだけ1/2にし、配置を中心に寄せる
 ・文字色とフックはナラ材でナチュラル塗装
 ・フックの数を5つに

という変更をお願いしました。

キーフック

その結果、ナチュラルなかんじに仕上がったと思います。

お値段は1,380円。
セミオーダーのわりにはお安いかな?




はじめは、アイアン製のフックで手持ちがあったので
これで十分かな~とも思って入居直後に付けてみたのですが、
これには思わぬ落とし穴が!



壁に留める部分が中央の一ヶ所なので、
5つのフックにバランス良く鍵を掛けないと
どちらか一方が垂れ下がってしまうのです

たとえ、バランスを考えた上で鍵を5つとも掛けたとしても
出かけるときには当然鍵はここから持って出るので
常にいいバランスを保つことは不可能なわけで。

せっかくかわいいアイアンのフックがあったけど
採用できませんでした~




で、どうせ買うなら、このようなフックとかではなく
BOXになったもののほうがいいかな?と
いろいろ調べてみました。

例えば、こんなような。

  



でも、出かける前の急いでいるときに
BOXの蓋を開ける、というワンアクションは
結構面倒かなぁ~と夫とも話し、
やっぱりフックだけのシンプルなものにしました。

うちはむき出しのフックにしましたが、
蓋の開け閉めに面倒を感じなければ
BOXのほうが断然カッコいいと思いますよ!




取り付けた場所は、ダイニングとキッチンの間の、
玄関に抜けるドアのすぐ横です。

キーフック

ちょうどドアとパントリーの間の壁に少しスペースがあったのと
ここなら出かけるときに必ず通るので、
一番便利な場所かなーと思って。




白い壁に白い板なので、壁に馴染んでいるし、
文字とフックの部分だけがナチュラルな木の色なので、
目立ちすぎずさりげなくて気に入っています。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

最後までお読みいただきありがとうございます。
お帰りの際にこちら ↓ をクリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧ナチュラルインテリアへ

スポンサーサイト
15:24 くらしのもの | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示