08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Web内覧会 *玄関まわり*

2013/08/17
おうちを建てるに当たり、
とにかくたくさんニッチやシェルフを作りたい、
というのが願いでした。

とくに玄関ホールはニッチだらけです(笑)


玄関ホールニッチ

ここは、玄関から一番よく見えるところであり
メインとなるニッチなので、
ちょっと奮発して奥の壁にモザイクタイルを入れてみました。

まえにも書きましたが、このアイデアは
素敵ブロガーnahoさんからいただいたものです

ちょうど玄関の床タイルと洗面所で使っているモザイクタイルと
大きさは違うものの色調が同じなので
統一感があります。

これにして、よかった!





玄関から洗面所へ続く廊下。
両サイドの壁に、違うパターンのニッチを2つずつ。
玄関ホールニッチ

玄関ホールニッチ




+++++

住み始めてから気づいたこと。

玄関に手摺がない!

とくに必要性を感じていなかったんですが、
実際に使ってみると、
玄関からあがるとき、おりるとき、
無意識に壁に捕まっているんですね~

気をつけて見ていると、家を訪れた他の人たちも、
年齢に関係なく、結構みんな、捕まってるんです。

そして壁にはすでに、手あかの跡が・・・

これはいかん!

早急になんとかせねばっ!

でも、よくある普通の手摺は嫌だし・・・
夫も、「付けるなら、絶対に白じゃないと嫌だ!」と言います。

さっそく、ナチュラルフレンチの白い家に合う手摺を探す旅に出ました。
(といっても、ほんとに旅立ったわけではありません^^;)

できれば、シンプルなデザインで、白いアイアンが希望。

ネットでいろいろ探しまくり、
ようやく見つけましたよー

ITCロートアイアン というショップのもので
すっきりシンプルなデザインで、もちろん白。

階段の手摺として販売されているようなんですが
うちみたいに玄関の手摺として付けてももちろんOK。

長さが85cmだったので、ちょっと長いかなーと思ったけど
ある程度長さが合ったほうが大人から子供まで網羅できるます。

注文して中を開けると、、、お、重い
この重みからすると、ほんとにちゃんとしたアイアンのようです。

また誰かが汚さないうちに早いとこ設置しなきゃ~と、
高さなど位置を決め、夫と取り付けをしました。

玄関手摺

玄関手摺

取り付けてみて、まずは見た目の感想。

「白い塗り壁に馴染んでいて、いいっ!」

白い手摺なだけあって、写真で見るとよーく見ないと分かりません。
デザインも、限りなくシンプル。

握りやすさもgood♪

何より、階段のアイアン手摺と質感が同じで
一緒にオーダーしたように見えます。

そして、「自分には必要ない」と豪語していた夫も、
片手にdaiちゃんを抱っこしているときには
「手摺、便利だね」と言っています。



でも、隣に住む私の母親は物足りないようで、
「こっちも、あとここにもここにも手摺を付けなさい!」
と言ってきます。

いやいや、もっと年を取って必要になったら
そのときにまた付けるからさ、お母さん・・・


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

最後までお読みいただきありがとうございます。
お帰りの際にこちら ↓ をクリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
22:51 玄関 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
Re: 玄関に手摺
カギコメHさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

ご質問の玄関ホールの手摺りについて。

アイアン製のため想像を超えた重さなので一人で取り付けるのは難しいと思いますが、二人がかりであれば簡単にできると思います。うちは夫婦そろってDIYとか苦手で、電動ドライバーも持ってないんですが、そんな私たちでもできたので、大丈夫だと思います。

ポイントは、、、
当然、上下それぞれのビスを留める位置がズレないようにするのにしなければならないことと、取り付ける場所が構造上大丈夫か(柱が通っているか)を必ず確認すること、この2点かと思います。

わが家の白い塗り壁に溶け込んでいて、これにして良かったです^^
私も子どもも、靴を履くときには必ずこの手摺りに捕まりますし、やっぱり手摺りは重要ですね~

手摺りもそうですけど、住んでみて初めて気づくことって多いですよね。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。